クレジットカードのポイントの集め方

クレジットカードを日本人は平均で3枚所持


私たちの日常生活での買い物で欠かせないものというと、クレジットカードがあります。
実際、日本で発行されているクレジットカードは3億枚くらいと言われています。これは、成人1人当たり平均3、1枚クレジットカードを持っている計算になります。現金を持っていなくても、カード一枚で商品を購入することができてとても便利です。

ポイント還元率でクレジットカードを選ぶ

クレジットカードを使うと、ポイントが溜まっていきます。クレジットカードのポイントは、商品やギフト券などに交換できたり、電子マネーとして使えたりもします。ですから、徹底的にカード払いをしていけば、ポイントもかなり貯まってお得な思いをすることができるというわけです。
ここでは、クレジットカードを使用してポイントをためるための方法を紹介していきます。まずは、カフェです。カフェでは、クレジットカード表示がないですが、ほぼすべての店舗でカード決済可能です。独立店ならサインレス決済できる場所も多いです。

クレジットカード決済を利用することで共通ポイントをゲット

また、JR東日本の普通切符も、「みどりの窓口」や「紫色の券売機」ならばクレジットカードで購入可能となります。普通に買うよりはちょっと手間なので、遠出するときなどに便利です。それと宅配ピザも、一部ではネット注文でクレジット決済できます。
それと、電気・ガス・水道料金、ケータイやネットの通信費をカード払いに切り替えることもできます。それと、定期券も鉄道会社によってはクレジットカードで購入することができます。また、生命保険、自動車保険、国民年金も年金事務所に申請すれば、クレジットカードで支払い可能になります。その他にも、自動車税や住民税などの税金をクレジットカードで納付できる自治体もあります。
このようにすべての支払いをカードにすれば、多くのポイントをためられお得といえます。